読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は私の世界の王子様

関ジャニ∞、ジャニーズWESTを中心に愛でてます

担降りについて考えてみました

エイトから降りた方のブログを拝見したのですがこんなことが書いてありました。
応援していて好きなはずのエイトなのに、文句しか出なくなってた。応援したいグループに対して、愚痴が溢れるなんて本当に終わりだと思うし、最低だし、ごめんなさいでした
今のわいやん。
文句しか言ってないと言ったらそんなことはない(はずと思いたい)けど、エイトに対して文句が多いのは事実。8周年までは楽しくやってたんだけどJUKE BOXから愚痴が多くなった。
というか私の愚痴の9割いや全部はバンドかリサイタルのことで。
以前もこのブログでお話ししたように私はバンド反対派です。それで昨年の秋頃もう今のエイトには私は邪魔者だなと担降りを考えたのですができなかったやつです。リサイタル→ドリフェスとeighterが盛り上がってるときその輪に入って一緒に盛り上がることができなかった。
リサイタルは近くで見れると楽しみにしてたのに、実際は全然近くに来なくてただメンバーがお客さんにファンサしてるのを見てるだけの席であまり楽しむことができなかった。リサイタルのいい所は「近さ」。 そして悪いところも「近さ」なんです。近さに重きを置いたため近くないと物足りなさを感じてしまう。いくら近くに行くと言ったって限度がある。全員に平等に近くに行くことなんて不可能だろう。それを割り切って楽しめることが出来たなら良かったんだけど私にはそれができなかった。それで、「リサイタル近かったしファンサもらえて幸せだった💕」みたいな感想をみてしまうと心穏やかにはいられない。私は心狭いし性格が悪い。もちろん、これを言っている人は全く悪くない。こういう差を生み出してしまったエイトに文句が出てしまうのだ。それを心にしまっておけるほど余裕がある人間でもないのだ。
バンドに関してはまあ過去の記事をみてください。

そしてその担降りした方のブログをみて思ったのがわいはもう終わりなのか!?まだ終わらせたくない... 愚痴が多いけどまだeighterやりたい... 確かに前ほどの熱量はなくなってしまったし冷めているのは事実。そしてそこに始めてエイトのライブが全滅。新曲はリサイタル意識しまくりで聴いていて辛い。そのため来週のMステもかなり複雑。(それでもエイトのCDを買わないという選択肢は私の中に存在しないのでもちろんCD買います)そんなときにブログを読んだら文句言ってることが多く、リサイタル全滅して、なんかいろいろ疲れたな...って思ってる自分に急に不安を感じた。
私はまだeighterをやりたい
昨年の秋頃担降りを考えたができなかったというのは、横山さんを超す、または同じぐらい好き!って人がいなかったから。横山さんのことが好きだから、降りるには他に好きな人を見つけてその人に夢中になるということしかなかった。ジャニーズにしか興味が無いのでジャニーズ内で好みを探したんだけどもいなかった。そうなると横山さんのことは好きだしとやめられなかった。
そうです私は横山裕が好きなんです。
ドラマ決定も朝からめちゃくちゃ喜びました。「横山さんのドラマのおかげで今年の夏乗り越えられそう」と呟いたら最近フォローさせていただいた横山担の方から、久々のドラマでめちゃくちゃ楽しみです!とリプが来てとても嬉しかったヾ(*´∀`*)ノ (関係ない)
破門もめちゃくちゃ楽しみにしてるんですよ。破門を観に行く夢を見るぐらい楽しみにしてるんですよ。
そんな横山裕が所属している、彼が大好きだと言っている関ジャニ∞が私も大好きなんです。
インフィニティのサイトを覗いたら、夏仕様でいい感じになっててウフフ(〃艸〃)となりました。(横山さんはちょっと微妙だけど(^_^;)
ふぅ~改めて自分が関ジャニ∞を好きと言う事に気づけたのでよかった...
文句は多いしエイトにとって邪魔者かもしれないけどそれでも私は関ジャニ∞が好きなのでもうしばらく続けていこうと思います。